ICEFAへ寄付金

HOME
ICEFAについて
ICEFAとは
ICEFAの活動
ICEFAの主な目標
ICEFAの先駆者
基本的な価値観
パートナーたち
現在のプロジェクト
コンタクト ICEFA
English
ご登録お願いします
 
ICEFAを促進する
ICEFAの創設者

ビスワス キショール カンティ
工学博士
代表取締役社長 株式会社ATES
代表取締役社長 株式会社KG Information Systems Japan

プロフィール
ビスワス キショール カンティは、クルナ州で生まれ育ちました。 来日してから20年間、彼はいくつかの社会厚生福祉組織で働いていました。 彼はソフトウェア開発およびシステム・デザイン分野で挑戦的な企業家であり、高度なIT産業界を担う株式会社ATESの代表取締役社長です。 同時にインドやその周辺国から日本市場に参入するIT産業を促進しています。 彼はまたエンジニアリングの関連会社、株式会社KG Information Systems Japanの社長も兼ねており、この会社では洪水の影響を受ける東南アジア地域の人々にとって役立ついくつかのエンジニアリングプロジェクトの開発を進めています。

学歴・経歴
来日する前の1991年、彼は現地の有名な工科大学に学び、機械工学の理学士をファーストクラスで終了しました。 彼はここで、傑出した学力達成度にある優れた人たちに与えられる大学優秀賞を受賞しました。 その大学で学びながら一方で彼は他の工科学校の教員をしていました。

1998年、彼は日本政府(文部科学省)から財政援助を得て慶応義塾大学の技術系で学び、修士号を修得すると共に慶応義塾大学理工学研究科の大学最優秀賞の藤原賞を受賞しました。 彼は、文部科学省からの財政援助の期間中である2000年に、慶応大学で工学博士の学位を得ました。
彼の研究分野は複合材料に関するものでした。 彼は繊維強化複合材料の粘弾性の実験および数式解析を研究し、国内および国際的なレベルで複数の学術出版物や会報誌を出しています。

   
Copyright©2006-'2010 ICEFA. All rights reserved.
Powered by KGISJ